時系列 Time Series Data

作成:2019.4.25 最終更新:2019.9.5


ブラウザによっては見づらい場合があります。その場合はPDF版をご覧ください。

発生日時 事 象
2009年
  ファン・ハナ麻薬関連の容疑で「起訴猶予」
2015年

9月22日 <中央日報 2019.4.8
当時大学生のAさんがファン氏からビニール袋に入っているヒロポン0.5gを渡されて、2015年9月22日代金30万ウォンを送金。1審判決文では、Aさんとファン・ハナの共謀。
(この件は後日、共犯に1億ウォン(約1000万円)の「口止め料」を支払ったとの報道あり)
2016年

1月8日 ソウル中央地裁刑事合意29部は、2016年1月8日、Aさんに懲役2年6ヶ月執行猶予3年を宣告。
4月22日   上記 、ソウル高裁で確定。(ファン・ハナの名が、この事件からは消える)
2017年

4月1日 パク・ユチョン、ファン・ハナ2017年9月結婚報道
4月13日 当時所属事務所 C-jes公式発表
パク・ユチョン、ファン・ハナ 今秋に結婚の約束をしたと公式発表
6月18日 ファン・ハナinstagramに保護犬シェルターボランティアの写真。パク・ユチョンの足には痛々しい傷が見えた。
7月 パク・ユチョン、ファン・ハナ破局報道①
8月25日 パク・ユチョンソウル江南区庁における社会服務要員としての任務を終了・除隊
9月12日 当時所属事務所 C-jes公式発表
パク・ユチョン、ファン・ハナ 9月結婚延期・その後の予定が未定である。
2018年 
3月10日
3月11日
2018 PARK YUCHUN FANMEETING & MINI CONCERT IN JAPAN 武蔵野
‘再会 remember the memories’
5月15日 C-jesエンターティメント(公式)
パク・ユチョン・ファン・ハナの恋人関係終了を公表
(ファン・ハナ 破局報道を否定)
5月16日 ファン・ハナ 自身のInstagramにて破局を認める。
6月2日 2018 PARK YUCHUN FANMEETING & MINI CONCERT HALL TOUR ‘再会’ 2nd Story

名古屋 日本特殊陶業市民会館フォレストホール

6月4日 YES24 LIVEHALLにて「2018 PARK YU CHUN BIRTHDAY FANMEETING」
6月9日
6月10日
幕張メッセ 幕張イベントホール
6月27日
6月28日
大分iichikoグランシアタ
7月2日 広島文化学園HBGホール
7月5日 名古屋国際会議場センチュリーホール
7月7日 IN HONG KONG
7月9日 神戸国際会館 こくさいホール
7月10日
7月11日
大阪オリックス劇場
7月21日 IN TAIPEI
7月23日 アクトシティ浜松
7月24日 オリンパスホール八王子
2019年
1月 パク・ユチョン 京畿道河南へ転居
2月27日 初のソロアルバム「SLOW DANCE」リリース
2月28日 ファン・ハナ自身のinstagramで何かの暴露といった報復を想像させる書き込みを行い、直後削除。
3月2日 SLOW DANCE IN SEOUL開催
3月5日
3月6日
2019 PARK YUCHUN TOUR CONCERT ‘SLOW DANCE’ in JAPAN
神戸ワールド記念ホール
3月8日 ソウルにてサイン会①
3月15日 ソウルにてサイン会②
3月19日
3月20日
3月21日
武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ
4月1日
<東亜ドットコム、韓国証券新聞>

ファン・ハナが、2011年に米国ラスベガスで麻薬投薬容疑で捜査を受けて追放されたと。ファン・ハナは、米国に留学中だった。
「バーニングサンゲート」を取材中だった韓国証券新聞も同内容を報じた。
4月2日

ファン・ハナの薬物疑惑を手加減捜査した件で警察内部調査が始まる


<MBC、youtube>
ファン・ハナが自らインターネットで違法薬物を入手し、2月~3月に投薬したのが確認されたという報道。
4月3日



<SBS「8ニュース」>
ファン・ハナの違法薬物投薬疑惑について報道。
ファン・ハナ出国禁止
4月4日 ファン・ハナ逮捕(簡易検査は陰性)
4月6日 ファン・ハナ供述:眠っている間に投薬された。
4月7日 ファン・ハナ供述:芸能界いるAさんの勧めで違法薬物を始めた。
4月8日
<SBS 8ニュース>
「ファン・ハナに違法薬物を進めた芸能人Aに対し、警察が召喚調査を行う予定だ」「警察がAを被疑者として立件することを検討中だ。」と報道。
4月10日

パク・ユチョン会見
<OBS>
ロバートハーレーに事件に絡めてファン・ハナが自らインターネットで違法薬物を入手したのが確認されたと報道。
4月11日
<USKN News>
「ファン・ハナに麻薬を送ったのが弟ファン・スンヒョンとチェ・ソンファ」と情報提供があったとも報道
4月12日


パク・ユチョン出国禁止
ファン・ハナ供述:今年初めに2回~3回一緒に薬を使った。
ファン・ハナ 検察へ送致

<中央日報、韓国日報>
ファン・ハナは、2015年5月・6月・9月、ソウルの自宅などで覚醒剤を投薬した疑い、2018年4月、向精神薬である薬品を不法服用の2点で疑いを受けている。
4月15日 C-jes グォンチャンボム弁護士を選任と発表
4月16日 パク・ユチョンの自宅、ファン・ハナ自宅・事務所等の家宅捜索。
パク・ユチョン違法薬物の簡易検査→陰性
4月17日
 

パク・ユチョン 第一回出頭
パク・ユチョンが、取り調べ室に全身の体毛を全て剃り現れたと報道。(証拠隠滅を図ったというイメージ操作)

<チャンネルA>
パク・ユチョンとファン・ハナが一緒に投薬している映像を警察が入手と報道。
4月18日

パク・ユチョン 第二回出頭

<KBSニュース>
「ソウルにあるATMでお金を払い、20分後に特定の場所で何かを探す映像につて警察がパク・ユチョンを追及したが、パク・ユチョン側は、ファン・ハナに頼まれただけと容疑を否認。」と報道。
パク・ユチョン代理人弁護士は、報道されているCCTVの件で警察に聞かれた事実が無いと反論。   
また、足の毛を毛根から採取・精密検査している。と反論。

<유머 베 BBS>
韓国ファンクラブから事務所退所願いが寄せられたと報道。  ←事実無根
4月19日 (パク・ユチョン 精密検査の結果→陽性)
4月22日 パク・ユチョン 第三回出頭
ファン・ハナ 手加減捜査疑惑の警察官2名立件
パク・ユチョン側弁護士、MBCに訂正報道・損害賠償請求
4月23日 パク・ユチョン 精密検査結果が「陽性」と報道。
頭髪からは反応が出なかったが、足の毛から陽性反応検出。
京畿南部地方警察庁麻薬捜査隊 パク・ユチョンの事前拘束令状請求を検察当局に要請。
4月24日

C-jes契約解除声明
C-jes韓国サイトからユチョン、JYJの名と写真が消える。
※JYJ JAPAN OFFICIAL及び、PARK YUCHUN JAPAN OFFICIAL FANCLUB、FaceBook等は、5/5現在も残る
4月26日 水原地方検察庁から請求された事前拘束令状の審議が、水原地裁にて行われる。
パク・ユチョン拘留決定

<検察 拘留決定理由>
パク・ユチョンは、証拠隠滅・自殺の可能性があるため

4月27日 パク・ユチョン 拘留後、第一回尋問
4月28日    〃       第二回尋問
4月29日 パク・ユチョン 罪状を認める
ファンの間では、パク・ユチョンの心身の健康を心配する声がSNSに多く上がる。
4月30日 パク・ユチョン 更に取り調べが続いているとの報道。
5月3日 パク・ユチョン 検察へ送致。
5月17日 パク・ユチョン 水原地検強力部(バクヨウンビン部長検事)、麻薬類管理に関する法律違反の疑いで拘束起訴。一緒に覚せい剤を投薬した疑いを受けるファン・ハナ氏の補強調査を経て追加起訴する方針。
6月4日 南陽乳業のホン・ウォンシク(홍원식)会長がファン・ハナ容疑者や麻薬の投薬事件に対して謝罪文を発表した。
6月5日 ファン・ハナ(황하나)初公判。

<朝鮮日報>「薬物乱用の容疑」黄が、10回にわたり反省文提出

6月14日 パク・ユチョン 初公判予定。
6月19日 ファン・ハナ(황하나)第2回公判予定。
7月2日 パク・ユチョン 一審結審。(懲役10月に執行猶予2年)
<聯合ニュース>「パク・ユチョン懲役10月に執行猶予2年… 裁判所「社会復帰の機会が与えられる」」
7月19日 ファン・ハナ(황하나)結審。(懲役1年に執行猶予2年)
<聯合ニュース>「1審宣告で昔の恋人パク・ユチョンのように「自由の身」で釈放」
7月26日 ファン・ハナ控訴
<毎日経済スタートゥデイ>「「薬物乱用の容疑」ファン・ハナ控訴、「控訴しない」と思っていたが…」
10月15日 ファン・ハナ控訴審 初公判